むくみ解消方法

エステで発覚!肩こりが原因で顔がむくむことがある。

若い頃には感じなかったことなのですが、立ち仕事歴が長くなり、いつの間にか脚がむくむようになっていました。

「昔はこんなことなかったし、そのうち解消するかな?」とあんまり気にせずにいたのですが、ついに彼氏からも「脚が太った?」と指摘されるまでに。

ムッとしましたが、怒ろうにも、実際に脚が太くなっていたのであまり強く言い返せません。

そこで、このむくみをどうにかしようと、お風呂に入った時にしっかり揉んでみたり、くつろいでいる時には脚を高い位置に置くなど、思いつくことはとりあえずやってみました。

寝る時に脚の下にクッションなどを置く(足まくら?)というのも試してはみましたが、寝ている間に脚を動かしてしまい、朝起きたら全く脚を乗せられていなかったりで、効果はありませんでした。

着圧ソックスを履くことも考えましたが、わたしにとっては少し高価で、何より暑がりなので嫌になるんじゃないかと手を出せませんでした。

そんなわけで、何をしてもたいして効果もあがらず、このむくみを解消するには仕事を辞めるしかないのでは、とすら考えました。

そんな時、顔のマッサージでエステティックサロンに行って、実は脚以外にも、顔もむくんでいるということが発覚しました。

正直、脚は気にしていたけど、顔のむくみには気づいてすらいませんでした。

なぜ分かったかというと、そのエステで顔に施術をしてもらい、次に肩から背中にかけてのマッサージもしてもらったところ、終わって鏡を見ると驚くほどスッキリした顔になっていたんです!

頬から顎まわりのダルダル感、ぼんやり感は、年齢のせいではなく、むくみによるものだと指摘されました。

マッサージによって顔周りの血流を良くしたら、顔のむくみが解消されたというわけです。

そして、この顔のむくみを引き起こしているのが、肩こりの可能性がある、ともエステティシャンに言われました。

その頃、確かに、立ち仕事もしていましたが、やや下を向いての作業やパソコンを触る機会も多く、首や肩に負荷がかかった結果、肩や首がこってしまっていました。

それで血行が悪くなるなどして、顔の輪郭のあたりがなんとなくぼんやりと、締まりのない見た目に…。

これは良くないぞと思って、まずは肩凝りにならないように気を付けることから始めました。

長い時間同じ姿勢をとらないようにする、しばらくパソコン作業などで下を向いていたら首などのストレッチをする時間を挟む、などしていました。

首を横に曲げたり、腕を軽く回したり、肩甲骨を寄せたりするストレッチです。

小さなことでしたが、少しでも改善できればと、ちょこちょこやっていました。

そうすると、実際、顔の輪郭が締まってきました。

意外かもしれませんが、こりを治すと、顔周りのむくみが取れるってことがあるんですね。

私は、顔のむくみはこうして解消できました。

脚のむくみは依然苦戦中です…。