むくみ解消方法

むくみの原因はたくさんある!特に冷えに注意!

むくみのメカニズムと、足のむくみが起こりやすい状況&対策。

足のむくみがあると、靴を履いた時にとてもパンパンになりかなり窮屈な感じがします。

ふくらはぎがむくむと象の足のように、足首の原型もわからないままになってしまいます。

むくみのメカニズム

足のむくみとは、血液中の水分である血漿が血管やリンパ管の外に染み出し、足などの下にたまった状態のことをいいます。

血漿は、血液中の液体成分として、栄養分や酸素を腎臓や肺などの組織に運んでいます。この時の通り道が、血管の動脈です。

そしてこの血漿は、血管から出て組織に物を運び終えると、反対に、細胞に使われたあとの二酸化炭素や老廃物を回収して、再び血管に戻ります。この時の血管は、動脈ではなく静脈といいます。

また、静脈に全て戻るのではなく、一部はリンパ管に戻ります。

むくみというのは、静脈やリンパ管に戻るべき血漿が、何らかの事情で上手く戻れない場合に起こります。

静脈が詰まっていたり、リンパ液がスムーズに流れない時、血漿が戻らず、細胞と細胞の間に余分な水分として溜まるのが、むくみの正体なのです。

どんな時にむくむのか?どんな対策が有効か?

足むくみの原因というのは、長時間の立ち仕事であったり、デスクワークなど同じ姿勢を維持した場合に全身の血行が悪くなることで起こります。

私も、デスクワークをしていたときは、朝はむくみはないのですが、夕方くらいになると、パンプスがはいらなくなってしまうくらい足がむくんでいました。

そのため、会社から帰る時がとってもしんどかったです。

ブーツなんてはいていったときは、ブーツのチャックがしまらないまま帰ったこともあります。

ひどい時は、夜寝るときに着圧の靴下をはいていました。

この着圧靴下がとってもよくきき、むくんでパンパンだった足も、朝にはすっきりしていることが多かったです。

また、足のむくみのほかの原因については、運動不足だったり、睡眠不足、エアコン等の冷え、ストレスなどの生活環境もむくみの原因となるといわれています。

また、脚を締め付けるような靴やヒールなども足のむくみの原因となります。

ここで足のむくみを解消する方法としては、まずは老廃物をためないことと、身体を冷やさないことが大事になってきます。

デスクワークが多い女性がむくみやすいというのはこの冷えというのも、かなり影響しています。

冷気は下に行くので、仕事をするさいは、素足にならないように、ストッキングをはいたりしましょう。

また、塩分のとりすぎもよくないといわれているので、その分、利尿作用の多い食材をとることをおすすめします

利尿作用が多い食材としては、スイカ、きゅうり、りんご、バナナなんかが良いとされています。

むくみに悩まされている方は多いと思います。

冷えを気をつけて、老廃物をどんどん外にだすようにしましょう。